手の痺れは一日でも早い治療を


神戸市、小野市、加東市、加古川市、丹波市等からもご来院頂いている、

三木市本町の福有堂整骨院・鍼灸治療院です。

無料体験会が大好評だったため、ブログを書く時間がありませんでした。


今回は手の痺れについて。

原因は多岐にわたりますが、よく来院されるのは「胸郭出口症候群」というのがあります。

胸郭出口症候群とは、斜角筋症候群・肋鎖症候群・小胸筋症候群(過外転症候群)の3つの総称です。

この3つは体のどこで神経が挟まれているかで名前が変わります。

なで肩
いかり肩
重たい物を運ぶお仕事をされている方
赤ちゃんを長時間抱っこする方

に多く、特に女性に多いです。

基本的に急に発症するのではなく、

長期間、首、肩、腕を酷使することによって徐々に痺れる状態になってしまいます。

なので痺れが出た時には、すでに症状は重くなっているので

痺れが治まるまで時間がかかります。


現在、痺れでお悩みの方は、一日でも早く治療を始めてください。

2019年07月03日